ワールドトリガーのあらすじネタバレ!遠征選抜試験説明会(203~206話)を名言つきで一気に振り返る!

ワールドトリガーあらすじネタバレ遠征選抜試験説明会 あらすじネタバレ
※本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

長大な遠征に備え長く準備期間を取るために本来より日程が早まった遠征選抜試験
そのため玉狛第二がA級に上がる前に選抜試験が行われることになってしまったが、しかし千佳の参加によって大幅な人員増加が可能となり、B級隊員からも広く選抜されることになった。

本記事ではいよいよ始まる遠征選抜試験がどのようなものなのか、その説明会となる203~206話のあらすじを、1話に1つ名言付きでまとめていく。

遠征選抜試験説明会は23~24巻

遠征選抜試験説明会が読めるのはコミックス23~24巻
BookLive(ブックライブ)なら新規限定50%offクーポンでお得に読むことができる。

BookLive(ブックライブ)は無料漫画やラノベなど豊富なラインナップで100万冊以上配信中の、国内最大級の総合電子書籍ストアだ。
毎日引けるクーポンガチャでも最大50%offクーポンが排出されるので、毎日引いて賢くお得に買い物しよう。

\漫画1万冊以上が丸ごと1冊無料で読める!/

ワールドトリガー遠征選抜試験説明会:23巻203話『遠征選抜試験』

遠征選抜試験の日程

遠征選抜試験は下記の日程で行われる。

  • 3/13(木) 全体説明会
  • 3/16(日) 隊長面接
  • 3/17(月)~第1試験実施<1週間>
  • 3/24(月)~第2試験実施<2日間>


また、説明会前に下記の内容の参加者事前アンケートに答える必要がある。
① あなたは遠征への参加を希望するか
② 自分の隊以外で一緒に遠征に行きたい人を5人まで
③ 逆に一緒に行きたくない人を2人まで

遊真は②に緑川、影浦、北添、村上、当真を挙げていく。(理由は仲がいいから)
ヒュースは②に東、村上、犬飼、水上、人見、今を挙げる。(理由は相手をした時の厄介さ)
千佳は②に絵馬を挙げる。(出穂やレイジは対象ではなく、那須隊は遠征に行かないと言っていたため1人のみ)
修は②に木虎、菊地原、出水、東、二宮を挙げる。(ちなみに③には香取を挙げている)

遠征選抜試験全体説明会当日

会場にはB級中位以上の隊+数名のA級隊員がいた。
遠征を希望していない那須隊らも招集されていたが、その理由を城戸はこう語った。

遠征部隊が進発すると基地の人員が減り、ランク戦や昇格戦が通常通り行えなくなるため、この機会を使って今後のボーダーの主力となるB級中位以上の隊員の適性と能力を測っておきたい
また、今回は遠征選抜の資格を得ていないチームからも“個人で”数名選ぶ可能性があるが、仮に断ったとしても「選抜に通った」という実績と評価は消えないとも城戸は言う。

つまり今回の遠征選抜試験は主力隊員の能力試験を兼ねており、その結果が今後の評価の1つの大きな基準となるというのだ。

遠征選抜試験の内容について

【第1試験】閉鎖環境試験(期間:1週間)

長期遠征時の遠征艇内の環境を想定した試験。
遠征艇内の設備の操作を覚えつつ、長期遠征への適性も審査する。

【第2試験】長時間戦闘試験(期間:最長36時間)

遠征先での戦闘を想定した試験。
詳細は第2試験直前に通達される。

そして今回の選抜試験には特別なルールがあった。
それはチームの隊員をシャッフルして行うこと。
本部が指定した臨時隊長とオペレーターのもと、隊長1人・OP1人・隊員3人の5人編成×11チームに分かれ試験に臨むというのだ。

名言:半崎義人「こりゃあダルいっすね」



ワールドトリガー遠征選抜試験説明会:23巻204話『遠征選抜試験②』

11のチーム編成は、運営本部による隊長&オペレーターの指名と選ばれた隊長たちによるくじ引きで行われた。
※残る隊員たちは3つのプールに分けられており、1プールごとに隊長が順番に1人ずつ指名していくルール
※指名の順番はプールごとにくじ引き
※OPも含め、元々のチームメイトは同じ隊に入れられない

閉鎖環境試験チーム一覧

次の205話の内容も合わせて、以下のチーム編成となった。
緑太字は本来の隊長、青太字はA級隊員

隊長オペレーター第1プール第2プール第3プール
歌川遼
風間隊AR
志岐小夜子
那須隊OP
漆間恒
漆間隊GU
空閑遊真
玉狛第二AT
巴虎太郎
柿崎隊GU
王子一彰
王子隊AT
仁礼光
影浦隊OP
辻新之助
二宮隊AT
生駒達人
生駒隊AT
帯島ユカリ
弓場隊AR
柿崎国治
柿崎隊AT
藤丸のの
弓場隊OP
影浦雅人
影浦隊AT
別役太一
鈴鳴第一SN
犬飼澄晴
二宮隊GU
北添尋
影浦GU
染井華
香取隊OP
外岡一斗
弓場隊SN
菊地原士郎
風間隊AT
南沢海
生駒隊AT
来馬辰也
鈴鳴第一GU
小佐野瑠衣
諏訪隊OP
穂刈篤
荒船隊SN
小荒井登
東隊AT
弓場拓磨
弓場隊GU
古寺章平
三輪隊SN
六田梨香
漆間隊OP
奥寺常幸
東隊AT
三浦雄太
香取隊AT
木虎藍
嵐山隊AR
諏訪洸太郎
諏訪隊GU
宇井真登華
柿崎隊OP
隠岐孝二
生駒隊SN
三雲修
玉狛第二SH
香取葉子
香取隊AR
二宮匡貴
二宮隊SH
加賀美倫
荒船隊OP
東春秋
東隊SN
雨取千佳
玉狛第二SN
絵馬ユズル
影浦隊SN
水上敏志
生駒隊SH
今結花
鈴鳴第一OP
荒船哲次
荒船隊SN
樫尾由多嘉
王子隊AT
照屋文香
柿崎隊AR
10村上鋼
鈴鳴第一AT
氷見亜季
二宮隊OP
堤大地
諏訪隊GU
熊谷友子
那須隊AT
蔵内和紀
王子隊SH
11若村麓郎
香取隊GU
細井真織
生駒隊OP
半崎義人
荒船隊SN
笹森日佐人
諏訪隊AT
ヒュース
玉狛第二
※オペレータの宇佐美(玉狛第二)、橘高(王子隊)、人見(東隊)の3人は今回は裏方として試験の運営補助を務める

名言:二宮匡貴「東さんを指名します」



ワールドトリガー遠征選抜試験説明会:23巻205話『遠征選抜試験③』

11のチーム編成が終わり、隊員たちの2件の質問に対して補足の説明が入る。

1つは給料に関すること。
ボーダーの報酬形態は、A級は固定給+成果報酬(近界民討伐の出来高払い)、B級は成果報酬(近界民討伐の出来高払い)だ。
遠征が本来A級部隊の仕事だからといって、今回遠征部隊に合格した者がA級と同じ固定給を貰えるということはない。
しかし試験に見返りを求める漆間の意見に対し、城戸は「選抜に通った隊員は次の遠征の期間中、“遠征に参加しなかった場合でも”正規の手当ての半額を支給する」と明言した。
遠征部隊の正規の手当ては上述の基本給や成果報酬とは別に1日につき1万円が支払われるため、遠征が1ヵ月の予定ならば単純計算で月15万(5,000円×30日)の報酬が貰えるという話だ。

もう1つの補足がA級隊員に関すること。
今回の説明会に参加していないA級隊員は、第2試験から全員参加するという。
そして彼らは第1試験では試験を審査するそうだ。

名言:絵馬ユズル「採れ採れ採れオレを採れ採れ…」



ワールドトリガー遠征選抜試験説明会:24巻206話『遠征選抜試験④』

最後に以下の2点の注意点が忍田から言い渡され、説明会は終了となった。
① 臨時部隊のチームメイト同士は、4日後の試験開始まで接触を禁ずる
② 3日後の「隊長面接」は今回決まった臨時部隊の隊長が対象となる

説明会の終了後、根付によってA級隊員への説明会が始まる。
第1試験・閉鎖環境試験の審査を担当するA級隊員。
その方法は自分たちが遠征に参加すると仮定した上で、一緒に遠征するクルーとして相応しいかどうか、能力と人格の両面で評価・採点とのことだった。
その審査結果を上層部がチェックし、最終的な合否を決める材料にするそうだが、つまり同時にA級隊員たちは“自分たちの審査を審査される”ということも理解する。

またここで「現時点でボーダーの戦力をどのように認識しているか」という事前調査として、A級隊員たちに今回の試験の成績順予想が課せられる。
各チーム会話を記録されながら、閉鎖環境試験・長時間戦闘試験それぞれの予想順位を考えていく。
その結果、大まかには以下のような評価となった。

第1試験の予想高順位チーム

遠征艇内の環境を想定しているという第1試験は、頭の良さ人格サイドエフェクトが予想のポイントとなった。
高い評価を得たのは4チーム。

水上9番隊→頭の良さNo.1の超優秀部隊
古寺6番隊→優秀&フォロー力が高い
村上10番隊→全員人格が安定していて協調性が高い
来馬5番隊→来馬と弓場の飴と鞭でバランスがいい

第1試験の予想低順位チーム

逆に閉鎖環境で不安要素が挙げられたのは以下のチームだ。

歌川1番隊→志岐が男子苦手&漆間は普段他隊員と組まないため協調性が不安
王子2番隊→辻が女子苦手
柿崎3番隊→影浦のサイドエフェクトが大変&
別役(爆弾)がいる
※特に影浦は刺さってくる感情と外面が一致しない犬飼のことが好きじゃない
北添4番隊→閉鎖環境だと菊地原のサイドエフェクトはストレス凄そう(特に賑やかな南沢とは合わなそう)&北添は慕われる性格だけど隊長としては優しすぎる
最も予想順位が低かったのは若村11番隊→若村の指揮が未知数&近界民のヒュースも不安要素?

また不安要素ではないが、二宮の統率力も注目されている。

第2試験の予想高順位チーム

長時間戦闘試験である第2試験は、トリオン能力チームのバランスがポイントとなった。

断トツ1位予想は二宮8番隊→実力とトリオン能力で他を圧倒している
2位は歌川1番隊→歌川の隊長力に期待&個々の強さ(漆間も“いつもの動き”をするだけで自然と連携の形になりそうとのこと)

他チームの第2試験の予想

二宮8番隊と歌川1番隊以外は評価が割れており、以下のような意見が挙がっていた。

北添4番隊→「夜」に北添のメテオラで明かりを壊せば、菊地原の耳の有利が大きくなりそう。(暗視効果はトリオンを食うから皆使いたくないはず)
来馬5番隊→機動力にバラツキがあり急造部隊だと陣形と火力を両立するのは無理なのでは?
古寺6番隊→トリオンが総合的には全チームで一番低いかもしれないが、A級隊員が2人いる
諏訪7番隊→ハマれば何か起きそう

唐沢は「全部隊で唯一“隊長経験者”が3人いる」という理由で諏訪7番隊に注目していた。
そして3日の準備期間と隊長面接を挟み、いよいよ遠征選抜第1試験が始まる!

名言:唐沢克己「…まあなんにせよ、なかなか楽しい一週間になりそうだ」

ワールドトリガーあらすじネタバレ遠征選抜試験概要へ⇒

 
管理人
へそまる

転勤で全国を渡り歩く流浪のマンガ好き。
現在は北海道在住で金カム等の聖地巡礼を満喫中。
自分用のメモを発展させブログにした形でして、端的にまとめるためにあえて感情を省いた文章にしています。
基本的には自分が好きな漫画だけになりますが、作品を知りたい・内容をおさらいしたい・より漫画を楽しみたい等のお役に立てればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました