ワールドトリガーあらすじネタバレ!大規模侵攻編(69~80話)を名言つきで一気に振り返る!【後編】

ワールドトリガーあらすじネタバレ大規模侵攻〈後編〉 あらすじネタバレ
※本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

大規模侵攻編は第44話~第85話で描かれた、近界の軍事国家アフトクラトルによる侵攻に対するボーダーの総力をかけた防衛戦が描かれた長編エピソード。
人型近界民との本格戦闘が描かれるワートリ屈指の人気エピソードであり、ワートリ最大の魅力である集団戦闘やボーダーとは違うトリガー&黒トリガーの登場など見どころがいっぱいだ。

アニメは第1期の第22~37話で楽しむことができる。
大規模侵攻編は長編のため、本記事では後編と称して大規模侵攻編のクライマックスが描かれる第69~80話のあらすじを、1話に1つ名言付きでまとめていく。

大規模侵攻編後編は8~10巻

大規模侵攻編後編が読めるのはコミックス8~10巻
BookLive(ブックライブ)は無料会員登録で初回50%offクーポンがもれなくもらえる国内最大級の総合電子書籍ストアだ。

丸ごと無料で読める漫画も1万冊以上展開しているほか、毎日クーポンガチャで買い物もオトクにできる。
ラノベ・書籍・雑誌・写真集なども含めて100万冊以上の取り扱いがあるため、漫画を中心に幅広く電子書籍を楽しみたい方にもオススメだ。

\初回50%offクーポンがもれなくもらえる/

ワールドトリガー大規模侵攻編後編:8巻69話『三雲修⑧』

千佳をキューブにされ放心する修。
しかし出水や烏丸の叱咤により、自分のやるべきこと=基地へ向かうことを全うすべく動き出す。

ラービットが追いかけてくるが、いろんな人に助けてもらいここまで来たことを思い出しながら、千佳を抱えて走り続ける。
道中ラービットに追いつかれ絶体絶命となるが、そこへレプリカが救援に駆けつけた。

名言:烏丸京介「おまえがやるべきことをやれ!」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:8巻70話『大規模侵攻⑰』

レプリカはオリジナルのラービットを作り出して敵のラービット2体を足止めさせ、その間に修を基地へと急がせる。

エネドラが侵入中の基地内では、諏訪隊の働きによりエネドラの黒トリガーの性能が判明しつつあった。
しかしエネドラが気体になったことで仮想戦闘モードが解除され、再びエネドラが暴れ出そうとしていた。
そこへ指揮官ではなく戦闘員の顔となった忍田真史が到着する!

名言:忍田真史「貴様のようなやつを倒すため我々は牙を研いできた



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻71話『大規模侵攻⑱』

エネドラは局所防御のダミーを複数生成していたが、忍田は「何れにしろ全て斬る」と言い放つと本当に全ての局所防御を斬ってみせた。

しかしエネドラはギリギリ弱点を移動して難を逃れており、逆に忍田を気体ブレードで貫く。
改めてエネドラ優勢の攻防になるかと思われたが、諏訪隊を囮にした歌川・菊地原の隠密奇襲がエネドラの伝達脳と供給機関を破壊した。
チームワークこそがボーダーの強さなのだ。

名言:忍田真史「貴様の敗因は我々の前ではしゃぎすぎたことだ」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻72話『大規模侵攻⑲』

エネドラを捕縛しようとしていた時、ワープでミラが現れる。
「回収」に来たというが、ミラが回収したのはエネドラの黒トリガー『泥の王(ウロボロス)』だけだった。
ミラは『泥の王』を回収すると、なんとエネドラにとどめを刺し去っていった。

一方、両足や左腕を無力化されながらもギリギリまでハイレインと戦い続ける出水は、ハイレインのトリガーの厄介さを実感しながらも、それが「トリオンにしか効かない」という特徴に気づいていた。
出水は建物を破壊して瓦礫での物理攻撃に出るが、しかしハイレインを生き埋めに出来る威力ではなかった。
その時、ハイレインの腹を射撃が貫く!

名言:出水公平「余裕こいてんじゃねーぞ、このわくわく動物野郎」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻73話『大規模侵攻⑳』

実は出水が建物を破壊していたのは、狙撃手の射線を通すためだったのだ。
ボーダーのトップ狙撃手である奈良坂・古寺・当真が、ハイレインを囲む生物トリガーの僅かな隙をついてハイレイン本体に弾を当てていく。

するとハイレインはミラにラービットを狙撃手組のもとへ移動させ、彼らの動きを止めた。
しかもハイレインはトリガーを使って体を修復。
トリオン切れの狙いは叶わず、ついに出水もベイルアウトをした。

名言:奈良坂透「あの程度では防御のうちに入らない」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻74話『烏丸京介』

修たちの基地到着予定があと3分となり、烏丸独自のトリガー『ガイスト』を起動しハイレインと対峙する。
リミット200秒の全開戦闘で確実にハイレインを足止めし、修たちの基地到着までの最後の時間を稼ぐつもりだ。

ところが足止めをされていたのはボーダーの方だった。
ミラが修たちの場所を捕捉しており、ハイレインが戦いを切り上げてミラと共にワープしてしまう。
最後の攻撃で烏丸はベイルアウトとなり、無念の思いで戦場を離脱する。
そしてついにハイレインが修たちの前に立ちはだかった!

名言:烏丸京介「俺が3分稼ぎます」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻75話『大規模侵攻㉑』

ハイレインの攻撃を避けながら基地へと駆ける修とレプリカ。
基地まであと僅かの距離だが、しかし左足を無力化されるなどハイレインのトリガーによって少しずつ追い詰められていく。

するとそこへ三輪秀次が現れた
三輪は迅の頼み(43話)やかつての自分を思い出しながら不機嫌そうにハイレインと交戦を開始した。

名言:三輪秀次「知るか。他人に縋るな」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻76話『三輪秀次』

シールドと干渉しない鉛弾はハイレインの生き物トリガーも貫通する。
つまり三輪のトリガーと実力はハイレインに対して相性が良い。

はその間に基地へと足を進めるが、入り口手前でミラに見つかってしまう。

その頃、遊真ヴィザ翁との力の差を実感していた。
「自分より強い相手と戦う時は勝とうとしちゃダメ」だとかつて父は言っていた。
しかし今、遊真は修と同じ言葉を口にする。
               ↓

名言:空閑遊真「勝ち目が薄いからって…逃げるわけにはいかない」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻77話『大規模侵攻㉒』

ミラに追い詰められる修。

そこへレプリカ製ラービットが合流する。
ラービットは『小窓』では殺せず『大窓』でワープさせるにはトリオンの消費が大きいという、ミラにとっては厄介な相手。
するとミラは狙いを変え、なんとレプリカを両断した!

名言ヴィザ「真に己より強いか弱いかは勝負決して後、判ることでありましょう」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻78話『空閑遊真⑨』

ハイレインのトリガーによって、足止め役のレプリカ製ラービットがキューブ化されていく。
予備のシステムに切り替えたレプリカは修が基地に入るまでフォローする構えだが、入り口に着いてからドアを開けるまで約20秒攻撃を凌がねばならないと懸念する。
するとレプリカは修に「1つ提案がある」と告げた。

一方ヴィザと対峙する遊真は技術や経験などでは到底かなわないと考え、思いもよらない大胆な策に出る。
それはわざと斬られることだった!?
ヴィザに斬られ生身に戻ったと思われた遊真の攻撃が、ヴィザの身体を貫いた。

名言:空閑遊真「親父に鍛えられた6年間、親父が死んでからの3年間、その全部を合わせてもこの爺さんの“厚み”には勝てない」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:9巻79話『大規模侵攻㉓』

ヴィザにとって「生身ではトリオン体を破壊できないはず」という思いがけない攻撃であった。
遊真は、トリガー起動前からトリオン体という自身の特異性を武器にしたのだ。
ヴィザは二重トリオン体という予想外の相手に「これだから戦いはやめられない」と嬉しそうに敗北した。

修は三輪が戦っている間にレプリカと決めた作戦を実行に移す。
走り出した修にミラの『小窓』が刺さり、さらにハイレインの『鳥』が接近するが、ここでなんと修は「トリガーオフ!」換装を解いてハイレインの攻撃を無効化した。(ハイレインのトリガーはトリオン体にしか効かない)

修に気を取られるハイレインとミラに三輪バイパー(変化弾)を当てるが、追撃できずに『大窓』で遠くに転送されてしまう。
守る者がいなくなった生身の修をハイレインとミラが狙うが、しかし遠くから遊真が『射印』を構え、三輪が『風刃』を起動する!

名言:空閑遊真・三輪秀次「レプリカ」「豆粒」「「敵の位置を教えろ!!」」



ワールドトリガー大規模侵攻編後編:10巻80話『レプリカ③』

基地の入口まであと数歩のところでミラの『小窓』が刺さり、生身の修は血を流しながら足を止めてしまう。
しかし米屋率いるC級狙撃手たちの援護射撃三輪の『風刃』の斬撃遊真の『射印』によってハイレインも足を止める。

その間に修はレプリカと交わした最後の一手を実行する。
それはミラの『窓』の向こうに見える敵の遠征艇にレプリカを投げ入れ、レプリカが遠征艇の強制帰還を発動させることだった。

修は意を決してレプリカを投げ、予定通りにレプリカは遠征艇の帰還プログラムを実行させる。
ハイレインたちは千佳のキューブを回収して遠征艇に戻ろうとするが、しかしキューブは修が予め作っていた替え玉であったため、「金の雛鳥」を諦めて帰還することとなる。

こうして千佳を守り抜くことが出来たが、その犠牲としてレプリカとの別れが訪れた。
レプリカは修に別れを告げ、敵の遠征艇と共に姿を消した。
全てが終わり、修は血溜まりの中で意識を失った。

名言:レプリカ「お別れだ。ユーマを頼む」

ワールドトリガーあらすじネタバレ大規模侵攻編【結末編】へ⇒

 
管理人
へそまる

転勤で全国を渡り歩く流浪のマンガ好き。
現在は北海道在住で金カム等の聖地巡礼を満喫中。
自分用のメモを発展させブログにした形でして、端的にまとめるためにあえて感情を省いた文章にしています。
基本的には自分が好きな漫画だけになりますが、作品を知りたい・内容をおさらいしたい・より漫画を楽しみたい等のお役に立てればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました