【ワールドトリガー】唯我尊(ゆいがたける)徹底まとめ!太刀川隊のお荷物から修のライバルに!?【キャラ図鑑】

ワートリ唯我尊まとめ キャラクター
※本サイトはプロモーションが含まれています

唯我尊(ゆいがたける)はボーダー本部所属A級太刀川隊のガンナー
つまりA級1位部隊に所属しているのだが、しかしそれとはまるで違う強さや存在感として注目を集めている。

それでは唯我はどんな人物なのか徹底解説していく。

スポンサーリンク

【ワートリ】唯我尊の特徴とプロフィール

唯我尊(ゆいがたける)はサラサラした長めの黒髪につりあがった眉、黒目が小さい四白眼が特徴。

コミックス25巻カバー折り返し喜多川と一緒に描かれている。

高校はボーダー内の誰とも違うお坊ちゃん校

初登場第109話
ポジションガンナー
年齢16歳(高校1年)
誕生日6月30日・つるぎ座
身長169㎝
血液型O型
家族父、母
好きなもの高級フレンチ、尊敬されること
主な呼び名唯我

【ワートリ】唯我尊の人柄・性格

唯我尊はボーダーのスポンサーとなっている大企業の御曹司
父親の会社がボーダーで一番大きいスポンサーであり、コネでA級部隊に入隊した。

悪い意味で御曹司らしい性格で、A級1位部隊であることを鼻にかけているなど尊大な態度が基本スタンス。
その高慢さが現れているように、キザったらしく前髪を指でファサァとするクセがある。

しかし太刀川隊に放り込まれたことで、本人が思っていたのと違う(だいぶぞんざいな)扱いとなってしまったようだ。
特に出水からは飛び蹴りを食らわされるなどかなり手荒い扱いを受けている。

当初は防衛任務をサボっていたが、出水の指導によりちゃんと参加するようになったらしい。

尊大ではあるが自分の弱さは自覚しているようで、不利な戦いをさせられそうになると涙ながらに断固拒否を訴えプライドを守ろうとするところがある。

だが相手が自分より劣ると判明した時点で再び尊大な態度が戻るなど分かりやすい性格だ。

感情表現が豊かでオーバーリアクション気味なので、いじりたくなるタイプである。

対人関係

●烏丸京介
太刀川隊の前任者だったからかそれともプライベートで因縁があるのか、何やら烏丸を目の敵にしているようである。
初対面の際には修の口から出てきた烏丸の名にピクリと反応し、「貧乏人の手先か…!」と追い返そうとした。

●三雲修
出水の意向により戦わされて以来、自分の方が強いとわかったこともあり、修を可愛い後輩として気にかけるようになった。

唯我にとって修は貴重な勝てる相手であり、修にとっても唯我は貴重なちょうどいい強さの練習相手であり、要はライバルと言えるくらいのちょうどいい相手なのだ。

また修が遠征選抜試験の事前アンケートで“一緒に行きたい人”として唯我を入れようとしていたので、交流を通じて唯我を慕うようになったことがわかる。

●喜多川真衣
喜多川は唯我を「唯我っち」と呼んでおり、閉鎖環境試験の審査でも唯我をいじるような例えを出していた。
そしてこのエピソードが収録されたコミックス25巻のカバー折り返しにて、唯我と喜多川のツーショットが描かれた。
予想外の組み合わせに癒された読者が続出した。

【ワートリ】唯我尊の所属・装備

唯我尊はA級太刀川隊のガンナー

太刀川隊は太刀川慶(アタッカー)、出水公平(シューター)、唯我尊(ガンナー)、国近柚宇(オペレーター)の4人部隊だ。


唯我は拳銃ハンドガン使いのガンナーである。

サブトリガーメイントリガー
アステロイド:拳銃アステロイド:拳銃
FREEカメレオン
シールドシールド
バッグワームFREE

【ワートリ】唯我尊の強さ

B級と比べても見劣りする

唯我は出水をして「A級で最弱」それもB級と比べても結構見劣りするレベルと言われる強さであり、太刀川からも半人前と言われている。

それでも単独の戦闘力であれば修より上とされ、実際に初回の戦闘では8-2で勝利。
さらにその後200戦して152勝48敗とかなり差をつけている。
ただしB級ランク戦が終わった頃には出水に「おまえもう抜かれただろ」と言われていた。

ちなみに生身の運動能力は引きこもりの志岐と同レベル。(下は那須(病身)と氷見のみ)

カメレオンをセット

トリガーセットの特徴はカメレオンをセットしていることだ。
しかしこれは戦闘スタイルというより、身を隠すために使用している可能性が高い。

唯我は太刀川隊にとって戦力よりハンデとしての存在感が大きそうであり、大規模侵攻時もガロプラ侵攻時も防衛戦に参加している様子がなかったので、どんな戦い方をするのか気になるところだ。

【ワートリ】唯我尊の作中での活躍

修の修行相手になる(109~110話)

出水の提案によって、出水に教えを乞いに来た修の修行相手となる。
急な事態に断固拒否したが敵わず。

しかし実際対戦すると修が自分より弱いことが分かり、先輩風を吹かせることに成功した。
以来唯我は修のことを可愛い後輩として気にかけるようになる。

【ワートリ】遠征選抜試験は審査官

遠征選抜試験で唯我はA級隊員として審査に回る
自分の立場をわきまえているのか、審査に口出している様子はあまりない。

逆に水上の指揮について賛否が湧いた際には、喜多川に「照屋は可哀想だが唯我が同じ立場だったなら誰も気にしなそう」という旨の残念な例えとして名を出され、出水にも同意されていた。

【ワートリ】唯我尊の名言

「前途ある若者の心が今!蹂躙されようとしている!人権団体を呼んでくれ!」(110話)

【ワートリ】唯我尊の担当声優

アニメで唯我の声を担当しているのは柿原徹也かきはらてつやさん。(1982年12月24日生まれ・ドイツ出身・Zynchro取締役兼所属)

柿原徹也の代表キャラ
  • シモン
    「天元突破グレンラガン」
  • ジオ=ヴェガ
    「BLEACH」
  • ナツ・ドラグニル
    「FAIRY TAIL」
  • アマイモン
    「青の祓魔師」
  • 唐瓜
    「鬼灯の冷徹」
  • 結崎芹
    「DYNAMIC CHORD」

まとめ

唯我尊はA級1位太刀川隊のガンナーであるが、ボーダー最大手のスポンサーの息子としてコネで所属という異色の存在。

スポンサー(金持ち)の御曹司という立場を自覚しているため鼻にかける言動が多いが、自分の実力不足も自覚していることやチームメイトにぞんざいな扱いを受けていること、修を可愛がっている様子や修が素直に慕っていることなど、その人柄を見ているとなんだか憎めないのだ。

そのままだと驕り高ぶった人間になっていたかもしれないが、ボーダーに入隊し予想外の扱いを受け、先輩たちに揉まれるようになったことは、唯我にとって良い社会経験になっているに違いない。

一応修のライバルといえる存在でもあるので、修と一緒にボーダー隊員として強く成長していく姿を楽しみにしていよう。

【関連記事】
⇒太刀川慶(たちかわけい)徹底まとめ!
⇒出水公平(いずみこうへい)徹底まとめ!
⇒国近柚宇(くにちかゆう)徹底まとめ!

⇒キャラ図鑑トップページ

管理人
へそまる

転勤で全国を渡り歩く流浪のマンガ好き。
現在は北海道在住で金カム等の聖地巡礼を満喫中。
自分用のメモを発展させブログにした形でして、端的にまとめるためにあえて感情を省いた文章にしています。
基本的には自分が好きな漫画だけになりますが、作品を知りたい・内容をおさらいしたい・より漫画を楽しみたい等のお役に立てればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました