「はじめの一歩」最新話ネタバレ1433話 本格的にサウスポー練習開始で現役復帰の日は近い!?

はじめの一歩あらすじネタバレ1433話 あらすじネタバレ
※本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

千堂には宮田がついたが、間柴には練習相手がいなかった。
基本に忠実なリカルド・マルチネスと違い、マーカス・ロザリオは特殊過ぎてマネできる選手が少ないからだ。

その状況を悟られないようにはしているものの、間柴陣営には焦りが見えていた。
それを察した一歩は独自に練習相手を探すが思い当たらない。

一歩が独自に分析した結果、間柴の練習相手には左利きで、デンプシーやガゼルパンチが打てて、インファイターで、フリッカーを知っている選手が必要であり、千堂の顔が思い浮かぶが当然今は声をかけられない。

そんな時、鷹村から「心当たりがある」と言われ一歩は気づいた。
「ボ…ボクか!」

本記事では第1433話「サウスポー」の内容をまとめていく。

最新刊は138巻(2023年7月14日発売)

『はじめの一歩』の最新刊は138巻
ウォーリーvsリカルド・マルチネスの結末が描かれた熱き1冊なので必見だ。
この138巻をもってコミックス累計1億部突破!ますます人気上昇中!

ebookjapanで138巻を試し読み

さらに最新の139巻もまもなく2023年11月16日(木)に発売予定だ。

オススメ電子書籍サービス

『はじめの一歩』を読むなら以下の電子書籍サービスがオススメ。

初回限定特典日々のキャンペーンが充実しているので、これから単行本を集めようと思っている人も、紙と併せて電子書籍でも集めようと思っている人もお得に利用できる。

是非自分に合ったサービスで『はじめの一歩』を楽しもう。

サービス特徴
★ebookjapanは漫画好きにオススメ★
●漫画を中心に80万冊を超える取り扱いで漫画の取り扱いなら国内随一!
●背表紙本棚機能がたまらない
●無料で読める漫画も常時2,800冊超
●セールや全巻読み放題などのキャンペーンが豊富
●ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザー、Yahoo!プレミアム会員ならさらにお得
【初回ログイン特典】
最大6回使える70%Offクーポンがもらえる
⇒ebookjapan公式サイト
★ブックライブは幅広く電子書籍を楽しみたい人にオススメ★
●マンガ、書籍、ラノベ、雑誌、写真集など100万冊以上の品揃え
●クーポンガチャや激安セールなどで毎日お得がいっぱい
●漫画1万冊以上が丸ごと1冊無料で読める
●ブックライブだけのオリジナルコミックも充実
●Tポイントが貯まる使える
【新規会員登録特典】
好きな作品に使える50%Offクーポンがもれなくもらえる
⇒ブックライブ公式サイト
★BOOK☆WALKERは定額でお得なプランも★
●コミック、ラノベ、小 説、実用書から雑誌まで幅広く取り扱い
●電子書籍100万冊以上配信
●通常購入だけでなくお得な定額読み放題プランも展開
●BOOK☆WALKERでしか手に入らない購入特典も多数
●KADOKAWA直営だからこその安心感とキャンペーン
【初回購入特典】
初回購入の合計金額から半額還元(※金額上限なし)
⇒BOOK☆WALKER公式サイト
★自分に合った方法で楽しみたいならコミックシーモア★
●100万冊以上の豊富なラインナップ
●通常購入・レンタル・読み放題の3つから楽しみ方が選べる
●人気のコミックから小説・ラノベまで充実の品揃えで新刊も続々入荷
●豊富な無料立読みに加え1巻まるごと無料のマンガも多数
●お得なSALEも毎日実施
【新規会員登録特典】
70%Offクーポンが必ずもらえる
月額メニュー登録で最大20000ポイントプレゼント
⇒コミックシーモア公式サイト

『はじめの一歩』1433話の見どころネタバレ

①一歩にはサウスポー適性がある

間柴の練習相手になり得る“デンプシーやガゼルパンチが打てるインファイターで、対フリッカーの経験のある間柴に近い階級の人間”
鷹村の言葉を聞き、一歩は「確かにボクだ…」と納得する。

ただし大前提である“左利き”ではないと主張した。
すると「発想力がない」と鷹村はため息。

鷹村曰く、実は一歩は内に入って暴れる時…特にデンプシーを打つ時に、無意識にスイッチしていたのだ。
一歩のようなくっついて連打するボクサーは、その時打ちやすい方の足を選択しているのだそう。

飛び込む時の蹴り足を左にすると遠くからは踏み込めないと一歩は抗議するが、鷹村はウェイトを外せばいいと言った。

②左利きを始める一歩

それから一歩は食事の際に左手で箸を持ち始めた。
歯磨きをするのも左手、プラモ作りも左手と、生活に“左利き”を取り入れ始める

③サウスポー練習も始める

同時にサウスポーとしてのトレーニングも始める。

基本は右ジャブだが、しっくりこないし差し合いにも勝てないだろうということで、あまりメインには考えない。
その分、一番重きを置いたのが軸足のインプットだ。

左で蹴って右で踏み込む

土手練でも船上でも、左で蹴って右で踏み込むを何度も反復。
ハンマートレーニングでも鉄棒練でも「軸足は右」を強く意識する。

④久々の丸太!

もちろん最初はタイヤが綺麗に叩けなかったり鉄棒に頭をぶつけたりとうまくいかないが、一歩は何度も何度も繰り返し繰り返し「もう10回…いや100回!」とチャレンジし、だんだんと動きがスムーズになっていった。

そして一歩は土手に丸太を打ち込む。
丸太を間柴の腕に見立て、足元には角材を刺して間柴の左軸足とし、看板を間柴と想定。
そこへ左足を蹴り足にして飛び込んでいく。

しかしすぐに間柴の足(角材)に足をぶつけてしまったため、一度ゆっくり動きを確認していく。
相手のパンチをかいくぐりながら踏み込んで左を上下に打つ

確認できたら一歩はまたその動きを何度も何度も反復するのであった。

『はじめの一歩』1433話の名言

幕之内一歩
「あと100回!いや200回!」

『はじめの一歩』ネタバレ1433話のまとめ

久々にこれぞ幕之内一歩といった姿で熱くなった。
やはりこの相手への対策を何度も何度も反復し、着実に強くなっていくのが一歩の強みであり魅力だ。

一歩は無意識であろうが、完全に現役復帰への期待が加速した1話であった。
最終ページで一歩の姿を見つめる板垣も思うところがありそうだ。

というか今の一歩にさらに両利きがプラスされたらもうヤバ過ぎる。
果たしてこのまま現役復帰の流れになっていくのか、今後の動きに注目してきたい。

まずは次回の1434話だが、この一歩のやる気に対しての鴨川・東邦ジムの反応が見られるだろうか。
そして何より一歩が練習相手と決まった場合、間柴とクミがどのように受け止めるのか気になるところだ。

管理人
へそまる

転勤で全国を渡り歩く流浪のマンガ好き。
現在は北海道在住で金カム等の聖地巡礼を満喫中。
自分用のメモを発展させブログにした形でして、端的にまとめるためにあえて感情を省いた文章にしています。
基本的には自分が好きな漫画だけになりますが、作品を知りたい・内容をおさらいしたい・より漫画を楽しみたい等のお役に立てればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました