【ワールドトリガー】日浦茜(ひうらあかね)徹底まとめ!引っ越しでどぅわあああの妹系スナイパー!【キャラ図鑑】

ワートリ日浦茜まとめ キャラクター
※本サイトはプロモーションが含まれています

日浦茜(ひうらあかね)はボーダー本部所属B級那須隊のスナイパーである。
しかし引っ越しによるボーダー退職という悲しき事情が…?

本記事はそんな日浦の魅力や引っ越しの理由を徹底解説していく。

スポンサーリンク

【ワートリ】日浦茜の特徴とプロフィール

日浦茜(ひうらあかね)は2つ結びの髪にキャスケット帽を被った目の大きい女の子。
帽子を被っているのは日差しが狙撃の邪魔になるのを防ぐためでもありそうだが、下記のように帽子集めが趣味であり、私服でも帽子を被っている姿が見受けられる。

隊服では指ぬきグローブ着用。
学年は違うが巴と同じ中学である。

初登場第95話
ポジションスナイパー
年齢15歳(中学生/三門市立第二中学校)
誕生日7月7日・つるぎ座
身長154㎝
血液型O型
家族父、母、兄(祥真)
好きなもの帽子集め、猫、ソフトクリーム
主な呼び名

【ワートリ】日浦茜の人柄・性格

日浦は明るく人懐こい天真爛漫な妹系キャラ
千佳と出穂が入るまでは最年少女子スナイパーとして密かに人気を誇っていたらしい。(日浦本人はそれを知らない)

作中一と言っていいほど感情豊かで、「どぅわあああ~」という独特な泣き方で号泣する。
猫が大好きであり、出穂の猫に出会った時は「にゃんこだ~~!」と目を輝かせたが、表情の読めない猛者猫だったため撫でられなかった。

ボーダーに入隊したきっかけは、兄・祥真の同級生であった熊谷に誘われたため。
祥真が熊谷に片思いをしていることは、日浦は知らない。

中学卒業後にボーダーを辞めることが決まったため(後述)、最後のランク戦を力いっぱい戦う。

【ワートリ】日浦茜の所属・装備

日浦茜はB級那須隊スナイパー

那須隊は那須玲(シューター)、熊谷友子(アタッカー)、日浦茜(スナイパー)、志岐小夜子(オペレーター)の4人編成のガールズチームだ。


日浦は使い分け派のスナイパーである。

サブトリガーメイントリガー
バッグワームイーグレット
FREEアイビス
シールドシールド
メテオラライトニング

【ワートリ】日浦茜の強さ

師匠は奈良坂透

日浦の師匠はボーダーNo.2スナイパー奈良坂透
那須が従兄妹の奈良坂に頼んだことで弟子になった。

奈良坂が師匠なだけに日浦は、状況に応じて銃や目標を的確に選択していく。
MAPや転送位置によってはわざと存在感を示していく戦略も。

那須隊の絆の深さもあり密に連携を取りながら、那須や熊谷を援護する。

【ワートリ】日浦茜の作中での活躍

B級ランク戦ROUND3(第95話~)

B級ランク戦ROUND3で玉狛第二・鈴鳴第一と対戦
予想外にも玉狛に橋を落とされ、西岸で熊谷とともに敵チームのエース遊真&村上と対峙することになる。

西岸唯一のスナイパーとなった日浦はアタッカー三つ巴の戦いのカギを握る存在となり、村上と熊谷に狙われた遊真が空中に回避した瞬間に勝負をかけ狙撃。
しかしグラスホッパーで回避され、逆に居場所がバレてしまう。

橋破壊用に装備していた炸裂弾メテオラで建物を倒壊させるなど工夫を凝らしながら迎撃するが、ダメージを負った右腕を囮に使った遊真の策にかかりベイルアウトさせられた。

この試合の前に、引っ越しによるボーダー退職が決まった日浦。
遊真に接近される前に自主的にベイルアウトすることもできたが、最後まで点を獲る姿勢で那須隊としての思いの強い戦いを見せた。

ガロプラ迎撃に参加(第124話~)

ガロプラ急襲時、狙撃班の1つとしてレイジ・奈良坂・古寺・佐鳥と共に屋上から迎撃し、防衛に貢献した。

B級ランク戦ROUND8(第197話~)

B級ランク戦ROUND8(最終戦)で香取隊・諏訪隊と対戦
那須隊は高低差がありスナイパーがいる部隊が有利と言われるMAP「市街地C」を選んだが、転送位置に恵まれず日浦は低位置に構えることとなる。

それは射線を通そうとすると上から見つかりやすくなってしまう位置取りであったが、日浦はむしろ“あえてスナイパーの存在をアピールする戦い方”にシフト。
アイビスを使いつつ積極的に狙撃し、那須を狙う他チームに防御も意識させる動きを展開させたほか、那須の置き炸裂弾メテオラから敵の目を逸らす役割も担った。

最後は那須の残した変化弾バイパー置き炸裂弾メテオラ日浦で3方向からを包囲する形になり、日浦は撃破ではなくトリオン漏出狙いの狙撃をしたことで堤をベイルアウトさせた。

これにより日浦が生存点を獲得し、那須隊は総合7位となって初のB級上位入り
日浦は感極まってその場で大泣きした。

【ワートリ】日浦茜はボーダーを退職

日浦は大規模侵攻によって不安を抱いた親の意向により中学卒業後に引っ越すことが決まっており、このシーズン最後のROUND8をもって那須隊としての活動を終え、ボーダーを辞めることとなった。

引っ越しが決まってからのランク戦はチーム全員で気持ちのこもった強い試合運びを展開し、先述のように那須隊として最高の結果を残してシーズンを終了。
そのため、日浦としては不本意の退職ではあったものの、引っ越し日には笑顔も見せる明るい別れとなった。

涙を堪えつつ日浦は、自身の後任に夏目出穂を推薦
那須隊の面々も受け入れ、出穂がB級に上がったら新たなスナイパーとして那須隊に加入することが決まった。

ボーダーを辞める者には記憶封印処置が取られる場合もあるが、日浦は勤務態度は良好で訓練も真面目、対人トラブルや隊務規定違反もなく、ボーダーに害を与えることはないだろうということで、そのままの状態での退職となった。

ちなみに熊谷に恋する兄・祥真は告白できずじまいだったようだ。

【ワートリ】日浦茜の名言

「どぅわあああ~~~」(96話 ほか)

【ワートリ】日浦茜の担当声優

アニメで日浦の声を担当しているのは一木千洋いっきちひろさん。(1989年4月16日生まれ・静岡県出身・青二プロダクション所属)

一木千洋の代表キャラ
  • 月見連
    「ワールドトリガー」
  • 八嶋 ほか
    「ドキドキ!プリキュア」
  • シャーロット・ナツメグ ほか
    「ONE PIECE」
  • ラモラック
    「ディバインゲート」
  • 雷門デンキ ほか
    「BORUTO-ボルト-」

まとめ

日浦茜は那須隊のスナイパー。
表情豊かな愛らしい妹系ムードメーカーだが、登場時から引っ越しが決まっていた悲しきキャラクターであった。

引っ越しにより199話をもってボーダーを去ることになったが、離れても「那須隊」であり、今後の再登場にも注目したい。

【関連記事】
⇒那須玲(なすれい)徹底まとめ!
⇒熊谷友子(くまがいゆうこ)徹底まとめ!
⇒志岐小夜子(しきさよこ)徹底まとめ!

⇒キャラ図鑑トップページ

管理人
へそまる

転勤で全国を渡り歩く流浪のマンガ好き。
現在は北海道在住で金カム等の聖地巡礼を満喫中。
自分用のメモを発展させブログにした形でして、端的にまとめるためにあえて感情を省いた文章にしています。
基本的には自分が好きな漫画だけになりますが、作品を知りたい・内容をおさらいしたい・より漫画を楽しみたい等のお役に立てればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました