『忍者と極道』徹底まとめ!あらすじネタバレ・見どころ・書籍情報を詳しく解説!

忍者と極道あらすじネタバレ あらすじネタバレ
※本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

忍者と極道』は近藤信輔によるアクション漫画
「決めようか、忍者と極道、どちらが生存いきるか死滅くたばるか」というキャッチコピーを持つ忍者と極道の殺し合いの物語なのだが、これほど「とにかくまず読んでくれ!」としか言えない漫画はないのでその魅力を語っていきたい。

⇒ebookjapanで試し読み

『忍者と極道』の概要

『忍者と極道』は2020年1月20日より連載が開始された近藤信輔によるアクション漫画。
講談社が運営する漫画アプリ/ウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」および「マガポケ」で連載中の人気作品だ。
単行本は講談社(モーニングKC)から最新12巻まで刊行されている。(2023年10月11日現在)

近藤信輔先生と言えば「週刊少年ジャンプ」にて『烈!!!伊達先パイ』『ジュウドウズ』を連載していた奇才だが、本作では両作のコアなファンを唸らせたどころか、これまで以上に底抜けにアクの強い作風によって新規ファンも急増中。

連載以来「WEBマンガ総選挙2020」第9位、「このマンガがすごい!2021」オトコ編・第8位、「次にくるマンガ大賞2021」Webマンガ部門第10位受賞と注目され続け、2023年にはAnimeJapanの投票企画「アニメ化して欲しいマンガランキング」第6回にて第10位を獲得するなどアニメ化への期待も高まっている。

『忍者と極道』のあらすじ

『忍者と極道』のストーリーをざっくり言えば、裏社会で悪事わるさをかます極道とそれを誅し裏から民を守る忍者の長きに渡る因縁が描かれる、タイトル通り「忍者と極道」の物語である。

忍者と極道の因縁は江戸時代1657年、後に“明暦の大火”として語られる、裏江戸守護番・神賽惨蔵かさいざんぞうと始祖の極道・幡随院長兵衛ばんずいいんちょうべえ死闘たたかいから始まった。
それから300年以上経った2020年の現代日本が物語の舞台。

ある日、東京・丸の内で高校生の多仲忍者たなかしのはとサラリーマンの輝村極道きむらきわみが出会う。
きっかけは極道きわみが落としたスマホを忍者しのはが拾ったことであったが、そのスマホケースが『フラッシュ☆プリンセス』の限定品であったことから2人は意気投合する。
忍者しのは極道きわみも熱狂的な“プリオタ”だったのだ。

ところが実は忍者しのはこそが忍者にんじゃであり、極道きわみこそが極道ごくどうだった
つまり“プリオタ”として一瞬にして友となった忍者しのは極道きわみは、忍者にんじゃ極道ごくどうという絶対に相容れない宿敵だったのである。
そして2人が互いの正体を知らないまま、忍者にんじゃ極道ごくどうの最後の戦いが幕を開ける―!

『忍者と極道』の魅力・見どころ

『忍者と極道』はとにかく一度読んでもらえれば必ずハマる!と断言したくなるほど魅力が詰まっている。
作品の魅力・見どころを大まかにまとめてみても以下のように9点も挙がってしまう。

①ブッ飛んだ展開とスピーディな進行
『忍者と極道』を読んでいると、一見すると「そうはならんやろ」と言いたくなる描写が多いのだが、そのツッコミすら追いつけないほどの凄まじい“勢い”があり、読了後には絶妙な爽快感と高揚感に包まれる。
首が飛ぶというセンシティブな内容も多分に含まれている(というかお決まりパターンとなっている)が、妙に軽快に描かれているのもクセになる。

②独特のセリフ回し
クセになると言えば独特のセリフ回し。
『忍者と極道』が広く注目されるようになったきっかけと言える特徴が、講談社の代表的不良漫画『特攻の拓』のセリフを彷彿とさせるような特徴的なルビ使いだ。
このルビ使いを多用した独特のセリフ回しによって、視覚的に意味を理解しつつ直感的にテンポ良く読み進めることができる。

③見惚れる画力
『忍者と極道』にはインパクトのありすぎるシーンが多い。
バトルシーンや宿敵が対峙した時など1つ1つのコマが大きく描かれていることもあり、その迫力の構図にググっと惹き込まれてしまう。
さらに鼠やモブたちの動きなど細かいところに遊び心が感じられたりもするので、スピーディな進行とはいえ細かい部分まで見逃せない。
また『忍者と極道』に限った話ではないが、近藤信輔先生の描くキャラクター達からもれなく溢れている色気も是非感じて頂きたい。

④熱い名乗り合い
最も見惚れるシーンとして挙げたいのが、戦闘開始前に毎度描かれる忍者と極道の名乗り合いだ。
血が滴る特殊なコマで描かれるそれは『忍者と極道』を代表する熱いシーンとなっている。
100%ブッ殺すと決めた相手には堂々名乗る…!!それが“裏社会の礼儀ウラマナーだからだ。

⑤多彩な技の応酬
本作は忍者と極道の“バトル漫画”でもあるため、いわゆる必殺技も存在する。
忍者側は忍手しのびて暗刃あんじん”』極道側は極道技巧ごくどうスキルが基本となっており、忍者は忍者の極道は極道の信念と個性が反映された多彩な技が登場するのでネーミングも含めて注目だ。

⑥繊細なキャラクター背景
先に紹介した「ブッ飛んだ展開」とは対照的な表現となるが、『忍者と極道』は繊細なキャラクター背景も魅力。
忍者の宿敵となる極道は作中世界で悪事わるさの限りを尽くす紛れもない悪なのだが、彼らには“社会に馴染めない孤独な大人たち”や“まともに育つ環境を与えられなかった子供たち”など如何ともしがたい生々しい背景があり、気づけば感情移入してしまっている。
もちろん忍者側にも同様に深い背景があり、各キャラクターにそれぞれの人生すべてが乗っているからこそ名言も多い。

⑦プリンセスシリーズ
ストーリーにたびたび登場するのが、作中で放映されている女児向けアニメ『プリンセスシリーズ』
特に注目すべきがシリーズ第6作目『フラッシュ☆プリンセス』だ。
実は本作はただの抗争漫画ではなく、作中のアニメ『フラッシュ☆プリンセス』とリンクした人間模様が描かれていく。
プリンセスシリーズの大ファン(プリオタ)である忍者しのは極道きわみが最も熱く語り合っているのがこの『フラッシュ☆プリンセス』なのだが、忍者しのは極道きわみの関係が『フラッシュ☆プリンセス』の主人公アブちゃんと宿敵ヒース様の関係性に酷似しており、その友情の結末を見届ける物語にもなっているのだ。
『フラッシュ☆プリンセス』を愛し深く理解している、しかし忍者にんじゃ/極道ごくどうとして譲れない信念をもっている2人だからこその葛藤と選択に注目だ。
そして作品を通じて近藤信輔先生のプリキュア愛が存分に感じられるところもたまらない。

⑧黒幕の存在
先述したように忍者しのは極道きわみの関係性は『フラッシュ☆プリンセス』を再現するように進んでいるのだが、どうもそれを仕組んでいる黒幕がいるようだ。
本棚に囲まれた部屋で彼らの動向を楽しんでいる姿が描かれており、ファンの間ではすでに様々な憶測が飛び交っている。
怪しいのは『フラッシュ☆プリンセス』の脚本家である幡随院孤屠ばんずいいんことなのだが、彼は世間的にはすでに死亡したとされている。
さらに忍者と極道だけでなく忍者と極道それぞれに複雑な因縁が見えるのだが、果たしてそれすらもすべて仕組まれているのだろうか。

⑨各話のタイトル
おまけの要素として各話のタイトルも注目したい。
『忍者と極道』では「ゴッド・ジャズ・タイム」「幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする」「カミソリソング」「ガラスのブルース」「空に歌えば」「彼女の“Modern…”」などなど挙げればキリがないが、話のタイトルのほとんどが様々なアーティストの曲名になっている。
曲を知っていると読み方にもさらに深みが増す上にそもそも名曲揃いなので、知らない方は忍極をきっかけに是非曲も忍極も併せて楽しんで欲しい。

『忍者と極道』の2人の主人公

『忍者と極道』はW主人公と言える作品である。
「プリンセスシリーズ」という共通の愛するものを通じて心通わせる親友となった一方で、実は忍者にんじゃ極道ごくどうという相容れない信念を持った相容れない存在であった2人の関係性に注目だ。

多仲忍者(たなかしのは)
忍者にんじゃ側の主人公が多仲忍者たなかしのは
忍者しのはは幼い頃に家族を極道ごくどうに殺されて以来“笑えない”体質となってしまった15歳の少年だ。
無表情のためクラスで浮いた存在となっている地味な高校生だが、その正体は裏から東京の治安を守る凄腕の忍者「帝都八忍」の1人である。
自分が笑えなくなってしまった分、自分と同じような“笑えない”者達が生まれないように、極道ごくどうの死滅を目指す。
女児向けアニメ『プリンセスシリーズ』の大ファンであり、それがきっかけで輝村極道と出会い友となる。

輝村極道(きむらきわみ)
極道ごくどう側の主人公が輝村極道きむらきわみ
極道きわみは表向きは玩具会社ダイバンの企画部長を務めるサラリーマンで、裏では音羽組傘下二代目竹本組の“裏組長”を務める極道ごくどうだ。
それどころか実は最狂の極道ごくどう「破壊の八極道」を率いる極道ごくどう中の極道ごくどうである。
社会に翻弄された末に悪として弾かれる“孤独な者”達を肯定し、彼らの居場所をつくりたいという理由で忍者にんじゃの死滅に挑む。
家庭環境と事故が原因で「感情というものがわからない」というが、同じ“プリオタ”である忍者しのはとの交流で無意識ながらも感情的な姿が見えるようになっていく。

『忍者と極道』の超ざっくりネタバレ

序章:忍者と極道 邂逅す(1話)
忍者にんじゃ極道ごくどうの因縁の解説と、忍者しのは極道きわみの出会いが描かれる物語のプロローグ。

第一章:赤坂血風狼烟あかさかけっぷうろうえん(2~6話)
忍者との決戦に向け、極道が極道たちを集め集会を行う。
その悪しき企みを砕くため、忍者の育ての親のような存在であり“帝都八忍”の1人である璃刃壊左あきばかいざが出陣。
それを極道きわみが切り札である地獄への回数券ヘルズ・クーポンをもって迎えうった!
さらに極道ごくどうの最強の8人『破壊の八極道』の存在も確認される。

第二章:燃える仁義のカブチカ(7話~17話)
歌舞伎町の地下にあった旧在日米軍用秘密地下キャバレーの跡地歌舞伎町地下倶楽部カブチカで『破壊の八極道』の1人・夢澤恒星ゆざわこうせい率いる極道達が悪事わるさを企む。
これに忍者しのはの弟弟子であり兄のような存在である祭下陽日まつもとのどかが出陣した!
また、忍者しのはが“破壊の八極道”の1人・ガムテと出会う。

第三章:情愛大暴葬じょうあいだいぼうそう(18~37話)
『破壊の八極道』の1人であり暴走族神ゾクガミと呼ばれる殺島飛露鬼やじまひろきのもとに、“大人”の日々に馴染めずにいたかつての仲間たち5万人が集結し、帝都高速道路=通称・帝都高テトコーでの暴走ユメを再開した。
この大規模な悪事わるさに、神賽惨蔵かさいざんぞう病田色やまだしき覇世川左虎はせがわさこ邪樹右龍やぎうりゅう、そして忍者しのはの5人の忍者にんじゃが5か所に分かれ対処に臨む。
そして帝都高テトコーの各所で忍者にんじゃvs極道ごくどう死闘たたかいが始まった―!

第四章:幼狂死亡友戯ようきょうしぼうゆうぎ(38~82話)
『破壊の八極道』の1人であり割れた子供達グラスチルドレンの現リーダーであるガムテが、“心を壊された”過去を持つ子供の殺し集団「割れた子供達グラスチルドレン」を引き連れて総理官邸を襲撃
官邸には読書感想文コンクールの授賞式で訪れていた忍者しのはも、忍者の晴れ舞台を見るために訪れていた極道きわみもおり、思わぬ形でついに2人は戦場で邂逅することとなる!

第五章:極契大壊嘯ブロマンスタイダルボア(83話~連載中)
『破壊の八極道』の1人であり怪獣医ドクターモンスターと呼ばれる闇医者・繰田孔富くりたあなとみが、病んだ世界を救済すくうために水道に麻薬を混入させて東京を破壊。
忍者にんじゃたちは自らも麻薬で混濁しながらも、麻薬水ヤクみずを止めるために浄水場&水運用センターへと駆けつけ、孔富率いる闇医者集団救済すくいなき医師団」との死闘たたかいに臨む!

『忍者と極道』の書籍情報(サブタイリスト)

単行本は講談社(モーニングKC)より最新11巻まで刊行されている。(2023年1月11日現在)
単行本ではキャラクターの詳細設定キーパーソンと目される幡随院弧屠ばんずいいんことの情報などが掲載されているので、忍極をより深く理解しりたい方は要チェックだ。

1巻(2020年4月8日発売)

第1話「忍者と極道」
第2話「狼烟の火種」
第3話「愛双つ」
第4話「不知開戦」
第5話「優しき男共(前編)」
第6話「優しき男共(後編)」
第7話「漸次引火」

2巻(2020年7月8日発売)

第8話「猫鼠宣戦」
第9話「噫無惨」
第10話「2人目の友達」
第11話「熱いほうが勝つ」
第12話「幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする」
第13話「ブッ殺す」
第14話「唇」
第15話「孤独の唄」
第16話「死嵐注意報」
第17話拘束哀歌

3巻(2020年10月14日発売)

第18話「READY STEADY GO」
第19話「ゴッド・ジャズ・タイム」
第20話「暴かれた世界」
第21話「彼女は死んだ」
第22話「BURNING MOTORS GO LAST HEAVEN」
第23話「SOSOS」
第24話「Keep the Heat and Fire Yourself UP」
第25話「カミソリソング」
第26話「エレクトリック・サーカス」
第27話「ガソリンの揺れかた」

4巻(2021年1月13日発売)

第28話「アウトサイダー」
第29話「ブラック・ラブ・ホール」
第30話「リボルバー・ジャンキーズ」
第31話「1000のタンバリン」
第32話「幸せな人」
第33話「世界の終わり」
第34話「hit man」
第35話「モンキー・ラブ・シック」
第36話「涙がこぼれそう」
第37話「リンダ リンダ」

5巻(2021年2月10日発売)

第38話「Stage of the ground」
第39話「ラフ・メイカー」
第40話「ANTI-HERO」
第41話「虹色の戦争」
第42話「ガラスのブルース」
第43話「GO」
第44話「Re:set」
第45話「PLAY」
特別編:モーニング出張読み切り

6巻(2021年7月14日発売)

第46話「パレード」
第47話「ゼロ」
第48話「Never Ending World」
第49話「グングニル」
第50話「天体観測」
第51話「Death Disco」
第52話「バトルクライ」
第53話「ハルジオン」
第54話「RPG」

7巻(2021年10月13日発売)

第55話「FANTASISTA」
第56話「三ツ星カルテット」
第57話「アカシア」
第58話「ダンデライオン」
第59話「ロストマン」
第60話「K」
第61話「メーデー」
第62話「会心の一撃」
第63話「炎の戦士」

8巻(2022年1月12日発売)

第64話「友達の唄」
第65話「DON QUIJOTE」
第66話「ダイヤモンド」
第67話「魔法の料理」
第68話「世界平和」
第69話「御祭騒ぎ」
第70話「SOS」
第71話「Samidare」
第72話「月虹」

9巻(2022年4月13日発売)

第73話「オンリー ロンリー グローリー」
第74話「アースチャイルド」
第75話「空に歌えば」
第76話「au revoir」
第77話「Hello,world」
第78話「銀河街の悪夢」
第79話「カルマ」
第80話「The Stronger, The Further You’ll be」
第81話「同じドアをくぐれたら」

10巻(2022年9月14日発売)

第82話「ray」
第83話「REVOLUTION」
第84話「ILLUMINATI」
第85話「再会の血と薔薇」
第86話「CALLING」
第87話「DICE」
第88話「浸食」
第89話「残-ZAN-」
特別読み切り:サ道と極道

11巻(2023年1月11日発売)

第90話「MIERMAID」
第91話「ROCKET DIVE」
第92話「SANDY」
第93話「彼女の“Modern…”」
第94話「ヴェル・エール~空白の瞬間の中で~」
第95話「忘却の空」
第96話「ゆらめき」
第97話「Driver’s High」
第98話「X」

12巻(2023年10月11日発売)

第99話「サバイバル」
第100話「ROSIER」
第101話「ビリビリクラッシュメン」
第102話「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」
第103話「STORM」
第104話「Like @ Angel」
第105話「RED ZONE」
第106話「月光花」

単行本未収録話

第107話「DEVIL SIDE」
第108話「FISH SCRATCH FEVER」

第109話「HEAVEN’S DRIVE」
第110話「Silent Jealousy」
第111話「Beast of Blood」
第112話「血塗られた果実」
第113話「紅」
第114話「ART OF LIFE」

『忍者と極道』オススメ電子書籍サービス

『忍者と極道』はまだ11巻しか刊行されていないため、オトクな初回クーポンを使っての一気読みがオススメ。
いずれの電子書籍サービスもキャンペーンや無料で読める作品も充実しているので継続的な利用もオトクだ。

ebookjapanは漫画を中心に80万冊以上の品揃えを誇る、漫画好き向け電子書籍サービスの老舗的人気ストア。
初回ログインで70%offクーポン×6回がもらえるほか、クーポン配布キャンペーンの頻度も多いので賢く使えばかなりオトクに買い揃えられる

「背表紙本棚」機能も漫画好きが支持するebookjapanならではの魅力だ。

\初回ログインで70%off×6回クーポンをGET/

↓公式サイトはこちら

BookLive(ブックライブ)漫画・ラノベ・小説・ビジネス書など100万冊以上の電子書籍が揃っているため、漫画を中心に幅広く電子書籍を楽しみたい方にオススメのサービスだ。
無料会員登録で初回半額クーポン
がもらえるほか、1日1回ハズレなしのクーポンガチャが引けるのもオトクだ。

新規限定50%offクーポンをGET/

↓公式サイトはこちら

DMMブックスは動画やゲーム、金融など様々なジャンルのサービスを展開している合同会社DMM.comが運営する電子書籍ストアで、現在は無料会員登録で初回90%クーポン付与という破格のキャンペーンを行っている。
大人向け漫画も充実しているところがDMMの強みだ。

\初回90%offクーポンGET

↓公式サイトはこちら

BOOK☆WALKERはKADOKAWA直営の総合電子書籍ストア。
漫画だけでなくラノベや小説、実用書から雑誌までKADOKAWAならではの幅広い品揃えを誇り、通常購入だけでなく漫画・雑誌の読み放題文庫・ラノベの読み放題といった月額プランを展開しており、自分に合った使い方で楽しめるのが魅力。
初回購入は合計金額の半額が還元されるので(金額上限なし!)お得にまとめ買いしよう。

\半額還元を最大限活用しよう!/

↓公式サイトはこちら

『忍者と極道』の書籍情報(最新刊発売日)

『忍者と極道』の最新12巻2023年10月11日(水)に発売した!

収録話は第99~106話で、麻薬水ヤクみずの流入を止めるため最重要施設である水運用センターに駆けつけた忍者しのは・左虎・右龍の戦いが描かれている。
孔富の能力がお披露目されるところまで見られるので、今回も刺激的な1冊だ。

次回『忍者と極道』13巻の発売日は未定なのでまた楽しみにしていよう。

 
管理人
へそまる

転勤で全国を渡り歩く流浪のマンガ好き。
現在は北海道在住で金カム等の聖地巡礼を満喫中。
自分用のメモを発展させブログにした形でして、端的にまとめるためにあえて感情を省いた文章にしています。
基本的には自分が好きな漫画だけになりますが、作品を知りたい・内容をおさらいしたい・より漫画を楽しみたい等のお役に立てればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました