【ワールドトリガー】来馬辰也(くるまたつや)徹底まとめ!人望厚い仏のような人格者!【キャラ図鑑】

ワートリ来馬辰也まとめ キャラクター
※本サイトはプロモーションが含まれています

来馬辰也(くるまたつや)はボーダー鈴鳴支部所属B級鈴鳴第一(来馬隊)の隊長であり、海より広い心を持つボーダーの仏である。

本記事はそんな来馬辰也の魅力を徹底解説していく。

スポンサーリンク

【ワートリ】来馬辰也の特徴とプロフィール

来馬辰也(くるまたつや)は明るい色のふんわりとした短髪にやや面長の青年だ。
また修には劣るものの、冷や汗が多いキャラである。

まだコミックスの表紙は飾っていないが、12巻のカバー折り返しにカラーで全身が描かれている。

弓場とは高校からの先輩後輩。

初登場第44話
ポジションガンナー
年齢19歳(大学生/三門市立大学/六頴館高等学校出身)
誕生日2月18日・かえる座
身長176㎝
血液型A型
家族祖父、父、母、弟
好きなものアクアリウム、マカロニグラタン
主な呼び名来馬先輩

【ワートリ】来馬辰也の人柄・性格

来馬辰也は仏のように温和で心優しい人物。

実家が金持ちなのでとても甘やかされて育ったそうだが、傲慢な態度は一切見られず、人生で怒ったこともないらしい。
親がボーダーのスポンサーとなった(鈴鳴支部の基地ビルをポンとくれた)時に、自分も何かできないかと考えてボーダーに入隊した。

広い心を持ち、太一がどんなにハプニングを起こしても温かく見守る

趣味のアクアリウムを太一に勝手にいじられ全熱帯魚を白茹でにされたが、血涙を流して許したという。
好きなカップ麵はトマト味だが、太一の好物なので自分は食べないという。
陽太郎のヘルメットを見て、太一のドジっ子ぶりを心配して帽子を買い与えたという。

また、自分のせいで荒船がアタッカーを辞めてしまったのだと落ち込む村上のために、わざわざ荒船に話を聞きに行って誤解を解いたこともある。

そんな思いやりに満ちた来馬には自然と人望が集まる。
当然チームメイトにも慕われ精神的支柱となっており、戦闘時には村上と太一はどんな状況でも来馬の生存を優先する。

ちなみに優しさに溢れているからか、見た目的には時に仔鹿のように見えるほどやや頼りないため、近界民が襲来してきた際にはとても狙われやすい。

【ワートリ】来馬辰也の所属・装備

来馬辰也はB級鈴鳴第一隊長でありガンナー

鈴鳴第一は来馬辰也(ガンナー)、村上鋼(アタッカー)、別役太一(スナイパー)、今結花(オペレーター)の4人部隊だ。


来馬は突撃銃アサルトライフル使いのガンナーである。

サブトリガーメイントリガー
サイレンサーアステロイド:突撃銃
FREEハウンド:突撃銃
シールドシールド
バッグワームFREE

※上記はBBF(オフィシャルデータブック)発売時のデータであり、ランク戦ROUND7の頃にはサブトリガーにもハウンド:突撃銃をセットしている。

【ワートリ】来馬辰也の強さ

チームの精神的支柱でありサポーター

来馬は鈴鳴第一の精神的支柱であり、村上と太一はどんな状況でも来馬の生存を最優先する。

チーム戦術としては何より合流を優先し、ボーダーNo.4アタッカーである村上を中心に中央突破するという形が基本。
エースを信頼し、遠距離の太一と一緒に来馬は中距離から徹底的にサポートしていく。

村上がいない時はシールドで防御を固めながら勝機を狙う。
大ダメージを受けてもベイルアウトの寸前まで攻撃を諦めない粘り強さも強みだ。

ちなみに個人ポイントは第168話時点で7881点である。

鈴鳴の新戦法・来馬のフルアタック

村上を中心としていた鈴鳴第一であったが、ランク戦ROUND7の頃には新戦法も出来ていた。
新戦法は来馬がWライフルで両攻撃フルアタックするというもの。

村上に防御を任せ、通常弾アステロイド追尾弾ハウンドの多角攻撃で相手を削っていくという、射撃戦の瞬間火力をアップさせた陣形だ。

ROUND1で諏訪隊に“村上の間合いに絶対入らない”という戦法で敗れたようなので、そこから考案していったのだろう。
短期間で形になっているのは、村上の学習能力とチーム練習の賜物だと評された。

この陣形により鈴鳴は中距離ミドルレンジでの撃ち合いという手札が加わり、さらに幅広い交戦に対応できるようになった。

【ワートリ】来馬辰也の作中での活躍

大規模侵攻編:二級戦功(第44話~)

大規模侵攻編で鈴鳴第一は基地南西の防衛に素早く現着した。

その後、東らと合流してB級合同部隊となり、出水・米屋・緑川と連携しながらランバネインと交戦
最後は仔鹿のような囮となって撃破に貢献した。

その後も防衛を続け、論功行賞では東隊・鈴鳴第一・柿崎隊・茶野隊とともにB級合同として二級戦功を獲得する。

B級ランク戦ROUND3(第95話~)

B級ランク戦ROUND3で玉狛第二・那須隊と対戦
村上と合流できないうちに玉狛に橋を落とされ、太一と2人で修&千佳、那須との戦闘となる。

修と挟撃の形で那須と対峙し、太一と2人分のシールドで那須の縦横無尽の変化弾バイパーをしのぎながら村上を待つが、那須がまさかの合成弾を放ち、来馬をかばって太一がベイルアウト。
そのまま那須と1対1となり最終的に那須の変化炸裂弾トマホークでベイルアウトすることになる。

ただし来馬はベイルアウト直前に追尾弾ハウンドを死角に撃ち上げており、それが那須にとっての致命傷となった。

ガロプラ迎撃に参加(第124話~)

ガロプラ急襲時、基地外の地上ガンナー組としてトリオン兵の迎撃・撃破に貢献した。

B級ランク戦ROUND7(第165 話~)

B級ランク戦ROUND7で影浦隊・玉狛第二・東隊と対戦する。

村上と合流した来馬は、北添・影浦と2対2で対峙。
鈴鳴は中距離ミドルレンジの新戦術で火力戦を制した後、太一の考案したスイッチ作戦を活かして村上の一撃で影浦に大ダメージを与えた。

その後、遊真&ヒュースとの戦闘では来馬の射撃と村上の旋空弧月で2人を牽制し、撃ち合いで有利を取る。
しかしグラスホッパーで一気に接近してきたヒュースが村上の背中にエスクードを生やし、背後にいた来馬はそれに突き飛ばされ陣形が崩れてしまう。

すると来馬は、まさかの階下からのユズルの天井抜き狙撃によってベイルアウトさせられてしまった。

【ワートリ】遠征選抜試験は5番隊隊長

遠征選抜試験で来馬は5番隊(小佐野・穂刈・小荒井・弓場)の隊長となる。
来馬は「体力があってポジティブ」なメンバーを選んだという。
普段から隊長職をしている来馬だが、鈴鳴第一とは勝手が違うだろうということで、引き締め役として弓場に入ってもらったそうだ。

ちなみに来馬はその人柄により、事前アンケートで下記2名の隊長から“一緒に行きたい”と名を挙げられていた。
北添「尊敬してるから」
若村「人望がある・信頼できる」

遠征選抜試験でも包容力を発揮

遠征選抜試験は慣れない臨時チームで行われるが、来馬は普段も隊長ということもあり落ち着いたリーダーシップを見せている。
持ち前の大らかさで皆が意見を出しやすい雰囲気を作り出しているのも大きく、小荒井が「このチームで優勝したくなってきた」と意気込むなど、良いチーム作りができていることが分かる。

また来馬はチームメイトだけでなく、別チームの古寺の悩みにも親身になって対応していた。

オリジナルトリオン兵

特殊戦闘シミュのために作ったオリジナルトリオン兵は
ロングシューター/コスト1033
4足(獣)の狙撃型で、口から射撃するタイプで可愛い。

【ワートリ】来馬辰也の名言

「鋼は鋼なりのやり方で強くなってもいいんだよ」(95話)

【ワートリ】来馬辰也の担当声優

アニメで来馬の声を担当しているのは高塚正也たかつかまさやさん。(1969年8月15日生まれ・兵庫県出身・青二プロダクション所属)

高塚正也の代表キャラ
  • ジョニー ほか
    「ONE PIECE」
  • ジェロム
    「銀河伝説WEED」
  • ブルードラゴン
    「BLUE DRAGON」
  • 龐煖、松左 ほか
    「キングダム」
  • 直江兼続
    「戦国無双」
  • ヴェット
    「ブラッククローバー」

まとめ

来馬辰也は鈴鳴第一の隊長で、エースのサポートや中距離の撃ち合いが強みのガンナーだ。

ボーダー屈指の人格者であり、海より広い仏のような心で穏やかに、しかししっかりと皆を導いていく魅力的な人物である。

【関連記事】
⇒村上鋼(むらかみこう)徹底まとめ!
⇒別役太一(べつやくたいち)徹底まとめ!
⇒今結花(こんゆか)徹底まとめ!

⇒キャラ図鑑トップページ

管理人
へそまる

転勤で全国を渡り歩く流浪のマンガ好き。
現在は北海道在住で金カム等の聖地巡礼を満喫中。
自分用のメモを発展させブログにした形でして、端的にまとめるためにあえて感情を省いた文章にしています。
基本的には自分が好きな漫画だけになりますが、作品を知りたい・内容をおさらいしたい・より漫画を楽しみたい等のお役に立てればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました