『ワールドトリガー』最新話ネタバレ233話 千佳が狙われる理由と二宮の育成!

ワールドトリガーネタバレ233話 あらすじネタバレ
※本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

遠征選抜第1試験は4日目で、3日間の通常戦闘シミュレーション演習は本日で最終日を迎える。
最も得点配分が多い日であり、この日に照準を合わせていたチームが成績を伸ばしていた。

逆にユニット数増加でさらに無双状態になるかと思われた二宮8番隊が大連敗
原因は千佳のユニットに大きな弱点があったことである。
それでも何とかしようと頑張る千佳。

チームの敗北の原因が明確に“千佳が狙われていること”ではあるが、隊長の二宮は一度声をかけただけでまだ動かない
一体どんな意図があるのだろうか。

本記事では第233話「遠征選抜試験㉚」の内容をまとめていく。
※臨時チームを確認したい場合はこちらから飛べます。

最新刊は26巻(2023年6月2日発売)

『ワールドトリガー』の最新刊は26巻
26巻では遠征選抜第1試験3日目~4日目の様子が描かれている。
各部隊の戦闘シミュへの対応や香取の「う○こ」、水上が隠し事(戦闘シミュ)を打ち明ける回など26巻も見どころだらけだ。

『ワールドトリガー』を読むならBookLive!(ブックライブ)がオススメ。

BookLive!(ブックライブ)はマンガ・書籍・ラノベ・雑誌・写真集など100万冊以上の取り扱いを誇る国内最大級の総合電子書籍ストアだ。
1冊丸ごと無料で読めるマンガも豊富なほか、先行配信やオリジナル作品も充実。

新規会員登録で好きな作品にすぐに使える50%Offクーポンがもれなくもらえるキャンペーンも実施中なのでぜひ利用しておきたい。
登録後もクーポンガチャが毎日引けてお得が継続する。

『ワールドトリガー』233話の見どころネタバレ

①二宮動く

6試合目のvs諏訪7番隊に続きvs古寺6番隊で敗北vs歌川1番隊vs若村11番隊で引き分けと、勝ち星が掴めないまま休み時間となった二宮8番隊。
残すは最後の1試合のみであるが、さすがにチームのムードは良いとは言えない。

と、ここで二宮が千佳に「何か気づいたことはあるか」と声をかけた。
それを受け「私じゃどうにもできませんでした…」と謝る千佳。

すると二宮は「勘違いするな」と返した。

②自分の役目はちゃんとしたい千佳

「勘違いするな」というのは、千佳の責任ではないぞということ。
二宮は初めに「細かい指示は出さない」「自分で考えて動け」と指示したため、千佳がそれに従っている限り、責任が帰属するのは指示した二宮なのだ。

しかし千佳は「自分の役目は自分でちゃんとしたい」と考えていた。

普段のチーム(玉狛第二)でも、千佳がうまくできなくても修が「指示したぼくのミスだ」と責任を抱えてしまう。
千佳はそうした負担をかけさせないためにも役目は全うしたいし、ランク戦で辻を倒した時のように自分の考えで動いてチームに貢献したいのだ。

③二宮の言いたいこと

しかし今はそれができずにこうなっているのである。

すると二宮は千佳の自力で解決しようという意思を尊重したうえで「自分の手に余ると感じたなら早めに誰かの手を借りるべきだ」と説いた
千佳は232話で二宮に声をかけられた時「大丈夫」と答えていたわけだが、そこで助けを求めることも必要だということだ。

またが、それが出来ないことが今回明らかになった千佳の問題点であり、するべきことは落ち込むことではなく、遠征までにこの問題を改善することとフォローした。

④戦闘シミュ3日目順位

数十分後、本日の全ての試合が終了。
運営本部デスク(城戸・忍田・鬼怒田・根付・迅)はさっそく結果を見ていく。

1位は6勝した諏訪7番隊
2位は5勝した北添4番隊
両チームとも配点の大きいこの最終日に照準を合わせてきたチームであり、その過程を含めて本部からの評価も高かった。

3位は同率で歌川1番隊古寺6番隊
どちらも諏訪7番隊と手を組んだチームであり、勝ち数は上位2チームより少ないものの1敗しかしておらず、安定の成績を残した。

続く5位王子2番隊
王子2番隊はなんと動かす駒をチーム内で交換する(生駒が帯島を、帯島が王子を、王子が生駒を、辻は守りの要としてそのまま)という独特な作戦で成績を上げていた。

⑤負け越したチーム

6位以下は負け越している。

6位来馬5番隊
7位柿崎3番隊
8位村上10番隊
この3チームは実直ゆえに諏訪隊・北添隊・王子隊のような奇策を打ったチームの煽りを受けた形だ。
負け越しはしたが、もう1日あったら奇策にもできていただろうとも評価される。

残るは1日目2日目で1位2位をひた走っていた二宮8番隊・水上9番隊と、やはりというべきかの若村11番隊だが…?

『ワールドトリガー』233話の名言

東春秋
「試験ってのは“現状なにができないのか”“どこに問題があるのか”を知るためにあるんだ」

『ワールドトリガー』ネタバレ233話のまとめ

二宮がここまで動かなかったのは「事態が悪化する前に時には誰かの手を借りることも必要」と教えるため。
それは東のフォローにより「今の千佳にどんな問題があるのかを自覚させるため」であることが分かった。

育成の巨匠・東のフォローもありつつだが、こうした二宮の後進育成にも注目していきたい。

そして後半は戦闘シミュ最終日の順位が発表されたが、各部隊の特色が感じられつつ1・2日目とは全く違った面白い結果となった。

残る3チームは、千佳が狙われ連敗中の二宮8番隊と、戦闘シミュの存在をようやくチーム全員が知ることになった水上9番隊と、初日・2日目と最下位驀進中の若村11番隊だ。
果たして9~11位がどんな順位で、どのような経緯でそうなったのか次回に注目だ。

【参考】遠征選抜試験臨時チーム一覧

遠征選抜試験は本部が指定した臨時隊長とオペレーターのもと、隊長1人・OP1人・隊員3人の5人編成×11チームに分かれた臨時チームで行われている。
緑太字は本来の隊長、青太字はA級隊員

隊長オペレーター
歌川遼
風間隊AR
志岐小夜子
那須隊OP
漆間恒
漆間隊GU
空閑遊真
玉狛第二AT
巴虎太郎
柿崎隊GU
王子一彰
王子隊AT
仁礼光
影浦隊OP
辻新之助
二宮隊AT
生駒達人
生駒隊AT
帯島ユカリ
弓場隊AR
柿崎国治
柿崎隊AR
藤丸のの
弓場隊OP
影浦雅人
影浦隊AT
別役太一
鈴鳴第一SN
犬飼澄晴
二宮隊GU
北添尋
影浦GU
染井華
香取隊OP
外岡一斗
弓場隊SN
菊地原士郎
風間隊AT
南沢海
生駒隊AT
来馬辰也
鈴鳴第一GU
小佐野瑠衣
諏訪隊OP
穂刈篤
荒船隊SN
小荒井登
東隊AT
弓場拓磨
弓場隊GU
古寺章平
三輪隊SN
六田梨香
漆間隊OP
奥寺常幸
東隊AT
三浦雄太
香取隊AT
木虎藍
嵐山隊AR
諏訪洸太郎
諏訪隊GU
宇井真登華
柿崎隊OP
隠岐孝二
生駒隊SN
三雲修
玉狛第二SH
香取葉子
香取隊AR
二宮匡貴
二宮隊SH
加賀美倫
荒船隊OP
東春秋
東隊SN
雨取千佳
玉狛第二SN
絵馬ユズル
影浦隊SN
水上敏志
生駒隊SH
今結花
鈴鳴第一OP
荒船哲次
荒船隊SN
樫尾由多嘉
王子隊AT
照屋文香
柿崎隊AR
10村上鋼
鈴鳴第一AT
氷見亜季
二宮隊OP
堤大地
諏訪隊GU
熊谷友子
那須隊AT
蔵内和紀
王子隊SH
11若村麓郎
香取隊GU
細井真織
生駒隊OP
半崎義人
荒船隊SN
笹森日佐人
諏訪隊AT
ヒュース
玉狛第二
※オペレータの宇佐美(玉狛第二)、橘高(王子隊)、人見(東隊)の3人は今回は裏方として試験の運営補助を務める
 
管理人
へそまる

転勤で全国を渡り歩く流浪のマンガ好き。
現在は北海道在住で金カム等の聖地巡礼を満喫中。
自分用のメモを発展させブログにした形でして、端的にまとめるためにあえて感情を省いた文章にしています。
基本的には自分が好きな漫画だけになりますが、作品を知りたい・内容をおさらいしたい・より漫画を楽しみたい等のお役に立てればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました